アドラー心理学が教えるおねしょの治し方

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

アドラー心理学を今NHKの「100分de名著」でやってる。今、3回目くらい。(全4回)

自分は数年前に、アドラーがはやったときに、本を買って読んだことある。おもろいよ。

アドラー心理学が教えるおねしょの治し方

3回目の内容でおねしょの治し方やってた。

彼がアドラーっす。まじめそう。

ad

 

おねしょの治し方

  • おねしょに関わるすべてのコミュニケーションをやめてあげる。

具体例

  • 「寝る前に水飲むな」を言わない。
  • 次の日、「もらさなくてよかったね」とか言わない。

あ。これ、うん十年前に聞いたことあるな。

元はアドラーだったのかも。

で、どうしてそうなるかってーと。

原因

  • 幼い頃にあまやかされて育つと注目されたい子になる。
  • 注目されたい子供になると、親に注目されたくておねしょをする。(これ無意識!)

へー。そっかー。

私、おねしょって、ものごころついてから、したことないからわからんけど、おねしょってしてる本人もつらいらしいもんね。大変だわ。注目されたくて無意識におねしょをするってあるのね。

伊集院もめちゃかまってほしい子で、あまやかされたわけではなさそうだけど、それで結構おねしょしてたらしい。

子供をあまやかすと、将来困った大人になる

  • 自分の思い通りになるのが当然だと思っている。
  • 大きくなっても、自分の思い通りにいかない時、不機嫌になったり、攻撃的になる。

へー。

アドラーは、子供の甘やかしに厳しかったみたい。

もちろん多少の甘やかしはいいんだろうけどねー。

あまやかして、何も不自由なくあたえるのがだめなんだってさ。

おねしょは精神的な問題なんだね。

norico

<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓