ジョーカー・ゲーム 8話「ダブル・ジョーカー」(前編)ででてきた新たなスパイ「風機関」は殺しOK(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。ジョーカーゲーム8話ですーーー。

『ジョーカー・ゲーム』 (JOKER GAME) は、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説。

チェスをする蒲生

第8話 「ダブル・ジョーカー」(前編)

今回は、日本の帝国陸軍に新たなスパイ機関がでてきた。「風機関」という名前。。

どうやら、D機関のやりかたが嫌いな人達でつくったぽい。かな。

 

登場人物

今回は、風機関のこの人が主人公。蒲生(がもう)さんっす。チェスが得意らしい。

蒲生

ストーリー

元外交官の白幡樹一郎に、陸軍の機密である〝統帥綱領とうすいこうりょう〟を盗読したとの容疑がかけられる。
秘密裏に真相を究明するため、蒲生次郎は白幡と旧知の間柄である英国領事アーネスト・グラハムに接触するが…。

話的には、蒲生のおかげでグラハムは、スパイってのが発覚しました。

ただ、蒲生は、風機関の人間ぽい。

蒲生は、協力者を口封じで殺します。こえす。

日本のスパイのD機関では、今まで死人はでなかったのに。。

「D機関vs風機関」

D機関は、「死ぬな、殺すな」がモットー。スマートなスパイです。

これに、対して風機関は、人殺しもいとわない特務機関。

「躊躇亡く殺せ、潔く死ね」を掲げてます。

風機関

こえーな。

前編なんで、蒲生が活躍して、風機関が発足しそうだぜってとこで終わった。

後編どうなるかしら。。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓