ジョーカー・ゲーム 9話「ダブル・ジョーカー」(後編)日本スパイ同士の対決に決着。(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

アニメ「ジョーカーゲーム」見てます。

日本スパイ同士の対決に決着

途中からしゃしゃりでてきた、殺し有りの日本スパイ集団”風機関”と、今まで活躍してきた、死ぬナ殺すながモットーの”D機関”の対決。D機関が勝ちましたって話です。

いま、結構中だるみ中・・・。

コレ。手を押さえてるのが風機関です。撃とうとして、撃たれました。振り向いてたのが、われらがD機関の結城中佐。

風機関vsD機関

 

ストーリー

風戸中佐率いる生粋の陸軍軍人によって組織された〝風機関〟が、D機関の追い落としを謀り、スパイ容疑のかかる白幅樹一郎を追っていた。
そしてとうとう、白幡邸の書生森島邦雄を通じて〝統帥綱領とうすいこうりょう〟受け渡しの日時が知らされる…。

結局、風機関が追っていたやつは、D機関がずっと目を付けていてなんだかんだあって(そこなんだよ)風機関は惨敗。

結城中佐は切れ者だったって話。

登場人物

実井。。だと思う。たぶんん。名前でてないからわからんけど。顔がこれ。

実井

気弱な書生森島邦雄としてスパイしていた。コレ

風機関に利用された風に装い、風機関のメンバーをやっつける。

supai

というわけで、結構中だるみしてきた。。

まあ、けど、普通のスパイしてる話はおもしろいんで、次回に期待・・。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓