六本木ヒルズの巨大クモが気持ち悪すぎてなんなのか調べてみた

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

六本木ヒルズの巨大クモが気持ち悪い

こないだ、映画見に六本木ヒルズに行ったんだけど、あのヒルズ前の巨大クモのオブジェが何度見てもきもい。。。しかも、中に卵が入ってた。。ひーーー。

コレ。高さ10メートルの巨大なクモ。

六本木ヒルズの巨大クモ

あんましきもいんで、何なのか調べてみた。

 

作者はフランス生まれのルイーズ・ブルジョワ

フランス生まれのアメリカ人で、もうお亡くなりになっているようです。

なんか、父の愛人と暮らしたり、本当の母が死んだり、自殺未遂したり、結構精神的につらい幼少期をおくっていたとか。

ルイーズ・ブルジョワ(1911年- 2010年)は、フランス・パリ出身のアメリカ合衆国の彫刻家である。(wikipedia)

クモの名前は「ママン」

このクモは、ママなんだって。だから卵かかえてるらしい。

1990年代からは、巨大な蜘蛛を象ったブロンズ像Mamanを制作。(wiki)

クモの「ママン」は、世界に9カ所存在

世界にあるのね。へー。

ブロンズ像Mamanは色々なバージョンがあり、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、オタワのカナダ国立美術館、ビルバオのビルバオ・グッゲンハイム美術館、ロンドンのテート・モダン、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、ソウルのサムスン美術館 Leeum、東京の六本木ヒルズなど、9か所に展示されている。(wikipedia)

コレは、カナダのオタワの「ママン」っす。しゃれてんな。

カナダのママン

 感想

うん。そうね!やっぱ、暗いな!なんか、そして切ない。。。

いや、もっとハッピーなのにしてくれよ。。と、思った。

後、やっぱりクモのビジュアルが細かくてやだわ。。

これでもいいけど、せめて赤とかにしてくれ。。(よごれ対策かな)

いろいろ調べたけど、やっぱ、きもいもんはきもいってことな。。。結局。

ちなみに、クモ自体は別にきらいじゃないよ。

害虫とか食べてくれるし。家でみかけても殺さないし外に逃がすし。

ただ、10mのクモは別だわ。しかも、子持ちクモ。。。。こわいっす。

まーー、六本木ヒルズに来るたびに、クモで恐怖の感情が得られるってのも、何かまあいいかな。刺激的で。。。

うん。刺激的かも。。ひぃってなるし。。。うん。。。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓