映画「コードネーム U.N.C.L.E.」を見た感想ネタバレ(2015年)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちす。のり子です。

DVDで映画「コードネーム U.N.C.L.E.」見ました

コレ

コードネームU.N.C.L.E.

「コードネーム U.N.C.L.E.」は、2015年のスパイアクション映画。
1960年代に一大ブームを巻き起こしたTVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」のリメイク。

映画は、ガイ・リッチー監督。
この映画の位置づけは、エピソード0的な感じらしい。TVシリーズのチームが、どうやってできたかの話。たぶん。。(テレビ版みてないけど。)

昔のテレビ版はコレ

0011ナポレオン・ソロ

 

あらすじ

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。(シネマトゥデイ)

つまり、アメリカのスパイとソ連のスパイが手を組むって感じです。

登場人物

ここからしたネタバレ有り。

ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)

スーパーマン映画「マン・オブ・スティール」の人ですね。アメリカスパイ。

ナポレオンソロ

イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)

イケメンやな。ソ連スパイ。

イリヤクリヤキン

ギャビー・テラー(アリシア・ヴィキャンデル)

核爆弾を捕らわれて作っている人の娘。映画「アンナ・カレーニナ」の人です。結局最後はイギリススパイだった。

アリシアヴィカンダー

悪の親玉

エリザベス・デビッキです。悪の親玉。

悪役

最後自分の作った爆弾で死にます。

悪のボス死亡

シュールな笑い

シュールな笑いが結構あります。

盗聴合戦

チームになったが、スパイなだけあって、お互い盗聴し合って、お互い盗聴器を見つけるシーン。

ソロとイリヤが盗聴合戦

逃げまくるソロをバックにワインと食べ物でまったりするイリヤ

はじめは一緒に逃げてたソロとイリヤ

逃げるコンビ

ソロがおいかけられ、それを尻目にワインをのむイリヤ。。コントやな。

まったりイリア

拷問した悪人に制裁を加えるか悩んでたら、悪人が死んだ

悪人がソロを拷問しまくる

ソロが拷問

イリアに助けれたソロ。悪人を拷問いすへ。

拷問した悪人に拷問

ソロは悪人に殺される前提の拷問を受けて苦しんだため、イリヤは彼をどうするかソロに託した。「考えさせてくれ」というソロ。その後ろで、イスの接触不良で燃える悪人。いや、考えるまでもなく、、、死んだわ。。

拷問した悪人死亡

シュールすぎる。。。

最後

最後は、3人はチームになり、アンクルって名前をつけられて終わり。この後がテレビシリーズの話につながるみたい。

アンクル

感想

おもしろかった。開始数分はつまんないかと思ってたけど。

笑いもあり、ストーリーのできもいいよ。

テレビシリーズ見たことないひともエピソード0だから、関係なく見れるし。

星3.8(5点満点)かな。結構いい点数です。

norico

<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓