ジョーカー・ゲーム 5話「ロビンソン」 少ないヒントで脱出を図る日本スパイがすごすぎる(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども。のり子す。

ジョーカー・ゲーム 5話「ロビンソン」

原作は、角川文庫の短編スパイ小説。1話完結です。

おもしろい。4話はおもしろくなかったけど、今回はおもしろかったよ。

今回はイギリスでスパイが捕まって脱出する話。

 

今回の登場人物

主人公はこいつ

神永

毎回でてる日本スパイの親玉

結城

今回の敵の親玉

マークス中佐

 概要

ロンドンで写真店を営んでいた伊沢和夫は、ある日突然スパイ容疑で拘束されてしまう。執拗な尋問に耐える伊沢の前に現れたのは、英国諜報機関のスパイ・マスターである
ハワード・マークス中佐だった…。

 ストーリー

イギリスでスパイ容疑をかけられ速攻捕まる日本スパイの神永。

捕まる神永

イギリス軍に自白剤を打たれ、日本に偽情報を流される。

マークスが自白剤を打つ

神永、日本を裏切るふりして脱出するも行き止まり。ドアに謎のマーク。

ドアに掘られた金星のマーク

これは金星の記号みたい

惑星記号

日本スパイのボスの結城に渡された、餞別のロビンソンの本を思い出す。

ロビンソンの本

本を送る結城

その話の中で、人食い人種からロビンソンを助けてくれた男の話がでてくる。その助けられた日が金曜日ということからその男のことを「フライデー」とロビンソンはよんだ。つまり、この金星の記号はロビンソンの「フライデー」金星に値する人物が脱出させてくれるというマーク。

下のやつが、イギリス軍にいる、日本人が捕まったときだけ行動するスパイ。フライデー。

眠れるスパイ、スリーパー

ドアに入ると、カギと逃走経路が描いてあり、無事神永は脱出できた。

脱出

用意された車でイギリスを脱出する神永。

無事脱出

今回のことは結城中佐の策略。

発端は、3ヶ月前、ロンドン駐在の日本の外交官が暗号も使わず送ったため、日本の機密事項がイギリスに漏れていた。

軍は日本の外交官に暗号を使うように要請したが、外交官は無視。

今回は、日本の外交官が情報をもらして、日本スパイが捕まった。これを外務省の責任として、軍は外務省に要求をのませる。

というシナリオ。

感想

おもしろい

てか、あの金星のヒントでよくわかったな。。

金星の記号とかわからんよ。ロビンソンも読まないよな。。(読めよ)

。。うちなら死ぬな。。。

スパイってすごい。。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓