ジョーカー・ゲーム 6話「アジア・エクスプレス」 満州鉄道で頭脳戦で勝利(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

6話「アジア・エクスプレス」

スパイ短編おもしろいです。もう6話。

今回は満州鉄道で、日本のスパイが情報を受け取る予定ってとこからはじまります。

田崎

 

概要

〝協力者〟モロゾフから機密情報を手渡したいという緊急連絡を受け、
D機関員である瀬戸礼二は満鉄の超特急あじあに乗車していた。
情報の受け渡しをしようと接触をはかるも、モロゾフはすでに殺されており…。

登場人物

今回の主人公はこの人。手品を使います。

田崎

ストーリー

満州鉄道が舞台。情報受け渡しの相手が殺された。新聞に特殊インクで書かれた情報もうばわれる。

乗客の子供に犯人を捜してもらう田崎。

子供

犯人の手がかりは、今日より前の新聞をもっているもの。

(暗号新聞を作るのに数日かかるとみたので、今日の新聞をもっていないと予想)

犯人を突き止め、逆に日本のスパイにするために敵を眠らせる。

田崎は、鉄道の終点で眠らせたスパイを回収するように、伝書鳩で仲間に情報を送る。

伝書鳩

感想

おもしろい。

一旦子供達を離すために、わざと子供にグラスをこぼさせて任務をするあたりとか、スマートでいいわ。またみます。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓