靴づれしない、痛くない下駄の履き方[祭り攻略]

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

痛くない下駄の履き方は、浅く履く

浴衣着の下駄(ゲタ)って痛くなるときあるよねーーー。

こないだRの法則で、痛くない下駄の履き方やってた。

結論から言うと、

  • 指を奥まで入れずに2cm程度あけて履く

へえ。下のやじるしのとこを2cmね。

ゲタ

指の付け根と鼻緒が当たらないようにするんだって。

指を下駄にいれすぎないってことね。

 

かかとがでるのが正しい履き方

浅く下駄を履くと、かかとがでる。これが正解の履き方。

かかとだすゲタ

鼻緒は足の間に指が入らないものを

足が深く入らないように、鼻緒はジャストサイズがおすすめ。

緩いと足が痛くなるよ。

丁度いいサイズ

へえ。

痛くなるときと痛くないときあるなって思ってたけど、そういうことか。。。

知らんかったわ。

norico

<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓