叱り上手になる(夏まゆみ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

叱り上手になる

NHKの「助けて!きわめびと」で子供へ叱れない親特集を結構前にしてた。これは、振り付け師の夏まゆみ流なので、ちょっと違うこともあるかもね。

 

「叱る」とは

叱るとは、気づきを与え、成長を加速させること

「怒る」と「叱る」の違い

  • 「怒る」は、怒る側の感情や、価値観の押しつけ
  • 「叱る」は、相手を知って、成長を促す言葉をかける

本当に、人によって心に響く言葉は違うらしい。

「叱り力」とは、人として向き合う力

叱り方のノウハウはない

叱り力は、愛や、包容力で、「人として向き合う力」である。

向き合えば、相手に合わせた叱り方は見えてくる。

叱り力を身につけるために

子供と向き合うしかない。

本当に子供に向き合ってるか?親は、子供を知るべき。

どういうときに、目を輝かすか、嫌がるか知るべき。

はじめの一歩

子供が何に興味を持ち、どういう特性があるか知ることがはじめの井一歩。

テレビでは、子供がブロックに好きなことを書いて組み立ててた。

ブロック

この子は人に気持ちを知られたくないみたい。

聞くのではなく見ろ

何にも聞いてもしゃべらない子供に対しては、聞くんじゃなくて見るのが大切。

感じ取る力をつける。

「わかってるんですけど」

「わかってるんですけど」というけど、だいたい親はわかってない。

わかってない自分に気づかないとダメ。

親も気持ちを伝える

テレビで、最後に子供に気持ちを伝えてた。ごめんねとか謝ってる親もいた。

感想

ぶっちゃけ泣いた。。。

子供が純粋すぎて。

子供の悪態も原因があるんだよね。がみがみ言う前に、子供をまず見て、成長を促す言葉を探すって感じかな。

へえ。

norico
<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓