ローカル路線バス乗り継ぎの旅!第24弾「山口~京都」マイペースすぎる熊切と蛭子。太川はまた1人でがんばる

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

第24弾 マドンナ熊切と太川の故郷の京都「天橋立」を目指す

土曜スペシャル枠にて不定期で放送中の「バス旅」がやってた。

今回のマドンナは、熊切あさ美。熊切あさ美は、マイペースで蛭子さんよりのキャラです。太川さんがまたもや1人でがんばってました。

足湯

前回は、蛭子の故郷がゴールだったけど、今回は太川の故郷がゴールです。

山口県岩国市にある日本三名橋のひとつ錦帯橋(きんたいきょう)をスタートし、京都にある日本三景のひとつ天橋立(あまのはしだて)を3泊4日で行く旅です。

 

蛭子と熊切がマイペースすぎる

この2人が本当にマイペースです。。太川さんが大変そうだったけど、前回みたいにぎすぎすしてなかったよ。てか、前回はしょうこちゃんが結構ど天然で、体力なさすぎて、フォローしまくりできつそうだったもんね太川さん。

蛭子は69歳で下ネタ炸裂

蛭子は10月誕生日らしく69歳だって。下ネタで年齢をいって太川が爆笑してた。w

69歳の蛭子

太川と蛭子は同じいのしし年。太川さんは57歳。もりあがる2人。wかわいいね。

いのしし年

熊切と蛭子は、自分のことしか考えてない

はじまって早々、お腹がすいて、いつゴハンが食べられるのか心配する熊切。

蛭子さんが、バスに乗れる間は、バスに乗るんだよ。ごはんはその間で食べると熊切をたしなめてた。めずらしい。けど、この後食べたけど。

マイペース熊切

そういや、45分歩いた後、太川が「あっというまだったでしょ?」と熊切に聞いたら、熊切は蛭子に「あっという間でした?」で聞いてた。

蛭子が、「自分で考えて自分の言葉で言ってごらん」てきなこと言ってたしなめてたわ。wめずらしい。この2人は昔よく番組一緒でまあまあ仲良いみたいよ。結局あっという間じゃなかったって熊切言ってた。

蛭子がたしなめる

蛭子さん。どうしても都会でビジネスホテルに泊まりたくて、先に進むより(先に進むと旅館の可能性が大になるから)、手前の大きな町でビジネスホテルに泊まることを提案。太川と熊切に注意されてたw

マイペース蛭子

蛭子さん、旅館きらいだもんね。

歩いて峠越えで、疲労困憊

蛭子さん。69歳なのに、毎日歩いてたよ。息が切れてました。太川が首に巻くつめたいのをみんなの分用意してて少しはましに。。えらいな。

歩き疲れる

熊切もつらそうだったけど、ペースをそんなに落とさずがんばってた。てか、熊切の靴は足いたくなりそうな感じだったな。まさか、歩くことを想定してなかったのかな。

おいしいものも食べた

広島のお好み焼き。うまそ~~。

お好み焼きを食べる3人

蛭子のベットに毎日飛び込む

恒例だけど。毎回、蛭子さんのいやがるベット荒らしをしてます。w

蛭子の部屋ではしゃぐ太川と熊切

熊切もダイブ。

最終のバスにぎりぎりセーフで、ゴール確定

最後のバス停。もう、夜になってたし、もしかしたら最終でてるかもという不安の中、バス停の時刻表を確認したら・・・あった!

太川さんがめちゃんこよろこんでた。

ゴール確定

最終のバスでゴール

本当に最終。最後の1本でゴール!よかったね~~~。

ゴール

4日間の道のり

結構がんばったな。今回は510kmも歩いたの?へえ。

地図

感想

なんか、ほんわかしてました。旅自体が全体的に。結構、のり遅れたりしたけど、それでも熊切と蛭子さんが仲良かったからうまくいったのかな。後、太川さんの読みが結構あたってたかもね。戻るとかなかった。歩いたけど。すばらしい。

あと、17弾?でも同じルート結構通ってて。町の人に2年ぶりですって行くとこ行くとこ声をかけられてたわ。wすごいね。

珍事件はそんなになかったけど、おもしろかったよ。

また、次も期待!

norico

バス旅・25弾(太川、蛭子最終回)

バス旅・特別編(羽田、田中) バス旅23弾(太川、蛭子)

<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓