短編スパイアニメ ジョーカー・ゲーム 3話「誤算」 結局、日本がドイツと組む誤算(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども。のり子す。

ジョーカー・ゲーム 3話「誤算」

原作は、角川文庫の短編スパイ小説。これは、1話完結です。

前回めちゃんこおもろかったのでまた見てます。

波田野

舞台は1939年フランス。フランスが、ナチスドイツに占領されている時。

前回、研修生だったみんなはどうやらスパイになったみたい。

 

今回の主人公は波田野

コレ。いや、波田野て名前はでてきてないけど、顔がこいつだった。。

波田野

留学生としてスパイ活動していた波田野は記憶をなくす

ドイツ軍にはむかったおばあちゃんを助け、なぐられた波田野。そのせいで記憶を失う。(おばあちゃんは実は波田野がけしかけたようだ)

90対8対2とつぶやいていたらしい。(後でわかるけど、これは、傍観者、ドイツ、レジスタンスの割合)この時点で、波田野は何も覚えていない。けど、自分のことを話したらまずいことはわかっているみたい。

波田野記憶をなくす

レジスタンス(反ドイツ)と行動を共に

レジスタンスを行動を共にする。(実はこのレジスタンスがスパイの標的)波田野が、一時的に記憶をなくすのは、波田野自身、誤算だったが、想定の範囲内だったようだ。(タイトルの誤算はこれもはいってる)

レジスタンス

波田野強い

こわれた拳銃は直すわ・・・

拳銃を直した波田野

粉じん爆発やるわ

粉じん爆発

ドイツ兵倒すわ

ドイツ人を倒す波田野

強すぎでしょ。日本人留学生。。(たてまえ留学生。スパイだけど)

レジスタンスにドイツのスパイがいた

レジスタンスの女がドイツのスパイだった。波田野はきづいていた。

ドイツの女スパイ

女を好きなレジスタンスの男は、女について逃亡した。好きだったようだ。

男になぐられて残される、波田野とレジスタンス。殴られたショックで波田野記憶を取り戻す。

残されるレジンスタンスと波田野

報告、日本へ帰国。結局、日本がドイツと組む誤算

波田野は、教会に行き(日本のアジトかな)報告。

ここで、以前、波田野はドイツのネガティブな情報を報告したのに、日本はドイツを組むぽいと聞かされる。

それが最大の誤算だっていって波田野は日本に帰る。

日本に報告する波田野

いやー。いまいちよくわからんけど。。誤算が。。ドイツと日本が組むのが誤算ってことな。

いやー。このアニメかなりおもしろい。(まじか。)

波田野って名前、結局1回もでてこなかったな。まあ、顔見たらわかるけどさああ。

短編スパイ物っておもしろいね。またみます。

norico

<ポチっと応援おねがいします>
↓ ↓ ↓