髪をCM並にサラサラにする方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

髪をサラサラにする方法

これいいんだよ~。まじで髪がサラサラになる。私は美容院の人の真似して知ったんだけど。CM並のサラサラ髪が手に入ります。しかも今すぐ!

サラサラ髪

ガッテンでやってたんだ。

 

髪を濡れたままこすると、髪が傷む

髪は、濡れたままこするとバサバサになるよ。

1.シャンプーの時のこすり洗い

これ、最悪です。やったら髪がバサバサになります。濡れた状態で髪をこすると、キューティクルがはげて、中身の成分が外に漏れます。漏れると、髪の中身が空洞化して、髪がすぐ切れる、艶もない、バサバサな髪になるってわけ。

実験では、20回こすり洗いすると空洞化してパサパサになるぜ。みんな無意識にこれやってるらしいよ。この下の擦り洗いがだめなんだぜ。

シャンプーの時のこすり洗い

2.塗れた髪にクシを使う

濡れた髪にドライヤーを使うときに、クシを使うのは最悪。これも上と同じでバサバサになります。濡れた髪にクシを使うな!

濡れたままクシを使う

3.髪が濡れたまま寝る

枕に髪がこすれてバサバサになるぜ。絶対ダメ!

髪をサラサラにする方法!

空洞化を防ぐ方法です。

けど、今、髪がバサバサで空洞化してても、このドライヤー使いはすぐサラサラになります。

1.髪と地肌をぬらす

ポイントは、よく泡立ててシャンプーするってこと。なので、泡立てるために、事前に髪と地肌を十分にしっかり十分にぬらす(予洗い)。

髪と地肌をぬらす

スプレー、ムース等は、お湯にとけるから、この段階で取れます。

2.シャンプーの時、地肌を泡立てて洗う。毛先は泡を通すだけ。

シャンプーを手に取り、地肌でしっかり泡立てて洗う。

泡立てて洗う

髪が長い人は シャンプーを耳の後ろや襟足からもつけて地肌をしっかり洗いましょう。

毛先は指で泡を通すだけで汚れは落ちます。

3.しっかりすすぐ

泡が髪に残らないようにね。

4.タオルドライ

髪同士が こすれないように。押さえてタオルドライ。

タオルドライ

5.ドライヤー

髪全体を、手ぐしで根元から温風でしっかり乾かす

んで、ここからがポイント。

うねったり、まとまらない部分を やさしくひっぱりながら(クシでも、手でもOK。乾いてからならクシ使っていいんだよ。)根元から毛先に向かって温風を当てます

その後、同じ箇所に、同じようにやさしくひっぱりながら冷風をあてます

冷風をあてます

その後、温風と冷風をサラサラになるまで繰り返します。繰り返すのがポイントです。けど、だいたい2回繰り返したらサラサラになるよ。このBefore、Afterすごくない?

サラサラ髪

めちゃんこサラサラになります!!髪が傷んでても傷んでなくても、このドライヤー使いでサラサラになるのです。

温風だけと、温風冷風の比較

温風だけと比較してみてもすごいよね。上みたいに冷風を使おう!

比較

感想

これいいよ!まじでやってみて!

norico

<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓