ダウントン・アビー5.第4話.ロバートがとうとう失礼なさらにぶち切れる.メアリーはギリンガム卿に別れを告げる(ネタバレ)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもす。のり子です。

第4話.「不協和音」

イザベルが告白されて、メアリーはギリンガム卿に別れを告げ、ロバートが失礼なサラにとうとうぶち切れます。

怒るロバート

盛りだくさんの回です。

 

ストーリー

バイオレットは昔恋仲だったロシアの公爵に会いに行く

バイオレットはイザベルを伴ってロシアの公爵を訪ねる。長い年月を経て再会したバイオレットと公爵は、昔恋仲だったことが明らかに。

バイオレットが公爵に会いに行く

現在、公爵の妻は行方不明らしい。

イザベルはマートン卿からプロポーズ

(マートン卿)「普通 この年で結婚というと打算がある。だが 私の場合 恋をしたからだ。イザベル。 私は心からあなたを愛している。残りの人生をあなたと共に過ごしたい。必ず 幸せにしてみせる。どうか ぜひ… 私にそのチャンスをくれないか?」

イザベルは告白される

(イザベル)「ハァ… 今の言葉には驚かされたわ。その… プロポーズにというよりも愛の告白に。」

イザベル、、まんざらでもないようです。w

トーマスが何かの病気

トーマスは何かの病気みたい。なんか、注射を打ってました。バクスターはそれに気づきます。

トーマスは病気

イーディスが娘に会いすぎてうとまれる

イーディスはがまんがききません。相変わらず、助言を無視して娘に会いに言って、養子に出した奥さん(奥さんはイーディスが母だとは知らない)に疎まれます。

イーディスが子供に会いに行く

事情を知っている小作人も、お願いを聞かないイーディスにちょっとうんざりです。(けど、やさしい言葉をかけてはいる)

メアリーはロンドンでチャールズと食事

(メアリー)「トニーも傷つかなければ いいけど。」
(チャールズ)「トニー? 別れるのか?」
(メアリー)「ウン…。」

チャールズと食事するメアリー

チャールズにギリンガム卿と別れることを告げます。

ローズの父親が離婚の報告

屋敷には、ローズの父親が訪れていた。どうやら報告することがあるようだ。

ローズの両親が離婚

ローズの両親は、離婚することになったらしい

メアリーは、ギリンガム卿に別れを告げるが怒るギリンガム

(ギリンガム卿)「僕と寝て 目覚めた?僕は認めないぞ。これが 君のようなレディーのすることか?結婚するつもりもないのに男と寝るなんて。」
(メアリー)「何が言いたいの?」

(ギリンガム卿)「どう 考えても これは一時の気の迷いだ。2人で乗り越えるぞ。」

怒るギリンガム

どうみても、ちゃんと別れたようには見えないね。。この2人。。

サラの暴言が、ロバートを怒らせる

サラは貴族が大嫌いなので、またまた暴言を吐きます。デイジーを呼び出して家庭教師の事業を聞けと要求するサラ。

(ロバート)「どうやら デイジーの授業は有益なようだな。 私もうれしいよ。」
(サラ)「それは 本心ですか?」
(メアリー)「もう いいかげんにして。言いたいことは言ったでしょ?」
(サラ)「そうかしら?結局のところ 伯爵は庶民を縛りつけて 支配したいだけなんじゃありません?」

サラの暴言

前々から溜まっていたロバートは遂に食事の席で怒りまくります。

(ロバート)(声を荒げて)「これだけは言っておくぞ。 いいか。私の願いは ただ1つ。君が この屋敷から出て行って2度と顔を見せないことだ!」

食事の席からでていく、ロバート。

ロバート怒る

(メアリー)「ご満足?」

トムは、友人のサラが暴言を吐くことに落ち込みます。

また、ダウントンに警察が来る

グリーンの殺人事件で、ベイツが前回警察から疑われてましたが、ベイツの妻のアンナが警察から疑いをかけられます。

警察が来る

こわっ。犯人は、妻を強姦されたベイツです。(たぶん。)けど、妻に疑いがむいちゃいました。

景観を損ねず、領地を開発することに合意するロバート

ロバートが、反対していた開発に合意します。

(ロバート)「開発はする。利益も追求するが みんなが愛するこの美しい村は守る。間違ってるか?」

(メアリー)「いいえ 間違ってないわ。」

ロバートが土地を有効活用に決意

ロバートが、ちょっと時代について行きました。

感想

おもろかった。次も見ます。

norico

5話 3話
<ポチっと応援お願いします>
↓ ↓ ↓